ブログトップ
Sooko-vision
sooko123.exblog.jp
選挙が終わって思う事
選挙が終わって思う事

正直少しだけ安心したんだ。
いわきも東北も、「もういい加減揉めてないで仕事してください!」と
それが一番言いたいことなのだ。ほんとは。

「官僚」とかを束ねるには結局自民党しかないのか?と言うイメージが拭えない中、自民に入れる人はもっともっと多いかと思っていたけれど、「それでも、ヤッパリ今の自民党には入れられない…!」と思う人が如何に多かったか?と言う事なんだと思った。
社民や共産党がもう少し伸びるのかな?と思ったけれど、そうでもなかった気持ちも、同じ理由で何となくわかる。
維新の会が増えた事についても…つまり自立した日本になりたいのだけれど、巧く行かないのは軍備を持たないからだ―!とかそういう事もいってるけれど、関西では石原老人が言うほど軍事マニアチックではないのかもしれない。自立しようと勉強会まで開いてがんばってるし。ということなのかな?よくわからん…

結局 支持率最低で、自民総力での責任を持たされている状況になっている訳だから、真摯にがんばって欲しい所だけど… だいぶ「応援」しないとエライ方向へ走っているのではないだろうか?


今回一番思ったのは、「ほんっっとに政治キライだったな…自分」と言う事だ。
これではいざ選挙と言う時に的確な対応が出来ないし
これでは自民党が猟奇的になるのも当たり前かな?どうなんだろう?
…ということで、本を読んで見ることにした。
政治の本なんて初めてだけど、一般人向けに書かれてる本も多く、かなり面白そうかも…?
いわき図書館常磐支所 みたいな小さな図書館の小さな棚から、知ってる政治家が自分の名前で書いている本を4冊ばかり選んで来た。読めるかな?速読練習♪

自分のやりかたでいい…。
それは、ふとかすめた自分の気持ちを大切にするということだと思う。
時には必ずしも絵で表現しなくたっていい。と思ってる。
どっちみち描かないなんて有り得ない自分なのだから。
柄じゃないのかも知れない。おかしな事してるのかな?
と、いつも不安になる。
だけど、例えばデモはやっぱり確かに私達が学ぶテンションを保ってくれたし、あれが無かったらもっともっと絶望的な気分のまま、今回の様な結果にもならなかったかも知れない。

心の声に耳を澄ませて、あっちへ揺れコッチへ揺れしながら、
時には突っついて戻してもらったりしながら
頑張ったり、バテたり、てんぱったり… ありがとね。
ジタバタ頑張るのが意外とすきなんだな…(^^ゞ

「みんなゆれてるんだ…」って良いメッセージだったな♡

さて。そろそろ冬仕度♪ 読書しながら作業に入ろうかとおもいます!
[PR]
# by sooko123 | 2012-12-23 21:26
地球の夢
冬至のお祝いをしながら 地球の夢をみました…
d0209636_0182387.jpg

あらゆる生きもの、個体と液体と気体、
そして、たとえば「光」や「熱」のような形のないもの
私達のまわりの全て…

歴史よりも、時代よりも、もっと大きな時間の中で
ゆっくりと育ってきた生命体としての地球の
今、その上に拡がる私たち人間は地球の花
地球が人を生み、育んで来た

合わせないと一つにはなれないのだと思ってた
でも本当の言葉は、風の様に地球を取り巻いている

出会いたくて、合わせたくて、灰色をさがしてた
でも、この様々に違った微妙な色は
奇蹟の様なバランスでもう既に調和してるんだね

そっと目を開くと瞳に映る「私の好きな色」
その色が内側から光を増し
まわりの色と響きだす

そう。もう、いいんだね

さあ、朝が明けるよ




2012.12.21   草
[PR]
# by sooko123 | 2012-12-21 21:35
ピラミッド
「今年の漢字」に「金」が選ばれたそうで、一瞬悪い冗談かとおもいましたが、言われてみるとピンと思い当たる事が個人的には沢山あり、やっぱり潜在意識って凄いんじゃないのかなーと改めて思ったり…。

なぜにピラミッドなのか?というのも、その様な「なんとなく」のかんじなのですが、
5000年以上前、日本では縄文時代中期の最盛期、地球をどんなアイデンティティーが包んでいたのか…
そんな事考えてたら、ピラミッド作ってました。
d0209636_159269.jpg

「ピラミッド5000年の嘘」と言う映画を見て、ピラミッドの作りがとても面白い形だと知り作ったんだね。
http://moon.ap.teacup.com/kusagakubow/324.html?rev=1
その映画に出て来たラムセス2世の像と飛鳥時代の興福寺仏塔、どことなく似ている何か…
d0209636_23554242.jpg
d0209636_23561681.jpg


西洋世界で、大和世界で、世界的戦争の時代が始まる直前の戦争のない時代。。。
巨石文明と宇宙に開かれた心…  どんな世界だったのだろう…

ギザの大ピラミッドは一辺が440キュービット高さが280キュービットあり、2辺の長さ÷高さ=円周率になっており、その角度は51°50′40″。その形は黄金分割やフィラボッチ列数なんかも含む何やら不思議な法則を内包しているのだそうな。
  (データはこちらを参考にさせて戴きました。「角度はΠが決める」面白かったです   http://www22.ocn.ne.jp/~p-inpaku/pyramid/j_pi.htm

と、言う訳で、辺の長さのキュービットにちなんで440mm、330mm、220mm、110mm、のピラミッドが折れる折り紙を考案してみました。
良さそうな大きさのを選んで窓辺に置いて日時計の様にして観察してみようかと思ってる。(^^ゞ
d0209636_281436.jpg

http://moon.ap.teacup.com/kusagakubow/334.html
↑コチラでPDFバージョンを印刷して下さい。

作り方
①折鶴の出だしの要領で折線を表に折り目をつける(線の見える方を表に)
特に三角の先端など、ここでしっかり折っておきます。
d0209636_153691.jpg

②一旦全て開いて白い方を表に折り直す(この時山折、谷折を確認)
d0209636_174957.jpg


d0209636_0594872.jpg

③一度たたんでしっかり折り、底の三角を引き出して立体に戻すと綺麗に仕上がります。
d0209636_1123339.jpg


実は、折り紙にして見れば、案外簡単に折れる法則がみつかるんじゃないか?と思ったのですが、
あまり簡単ではありませんでしたが、折線の付いて無い折り紙でも折れる方法を考えました。
d0209636_1155340.jpg

鶴の出だしの四角を折ったら、一片の端っこを4等分して爪で印をつけます。
一番内側の1/4をさらに1/18した点がピラミッドの角度を決める点になります
一か所斜めに折れたら、あとはそこに合わせて折って行けば、上記のピラミッドが出来ます♪
★(イラストレーターの画面上で最大に拡大して実際線を引いて出した数字です
ほんの少しなので1/4でだいじょうぶかな?と思ったのですが、作ってみるとやっぱり少しスリムに見え、人間の感覚ってやっぱスゴイな…と思います。ココは「1/4より気持ち内側」と言う事で。)

と、言う事で、今では何時でも何処でもそこらの紙からピラミッドを作れる私になりました(^o^)

d0209636_1551875.jpg

[PR]
# by sooko123 | 2012-12-14 00:19
お彼岸
d0209636_9274161.jpg

二百十日から二百二十日にかけての 「大小いのちの祭り」は 
正に心の台風の様に 様々な想いを吹き飛ばし、なぎ倒し…
そして秋。秋の種が芽を吹き、株や挿し芽で増える冬越しの草花がどんどん拡がって行く季節。
黄色い稲穂、栗の実もはじけて、木の実、草の実、イモ類など、
豊作の大放出に、森や野の獣たち、魚や鳥やあらゆる生き物たち、そして人の子もみな肥え太り、
まもなくまあるい満月の頃には 米粉供えて栗やら芋やら供えて 
満腹のお礼を祝うのだ。
d0209636_9281869.jpg


お月見の前にある「お彼岸」って何だろ?
面白かったので少し詳しく書いて見た。
-------------------------------------------------------☆
春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間を「彼岸会(ひがんえ)」と言う。彼岸とは、煩悩を脱した悟りの境地のことで、俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修める。

六波羅蜜(ろくパーラミー)とは、ブッダを目指す菩薩が修めなくてはならない、6つの実践徳目のこと。
●1.布施波羅蜜 - 檀那(ダーナ)は、分け与えること。具体的には、財施(喜捨を行なう)・無畏施・法施(仏法について教える)などの布施である。
●2.持戒波羅蜜 - 尸羅(シーラ)は、戒律を守ること。在家の場合は五戒を守ることを指す。
●3.忍辱波羅蜜 - 羼提(クシャーンティ)は、耐え忍ぶこと。あるいは怒りを捨てること(慈悲)。
●4.精進波羅蜜 - 毘梨耶(ヴィーリヤ)は、努力すること。
●5.禅定波羅蜜 - 禅那(ディヤーナ)は、特定の対象に心を集中して、散乱する心を安定させること。
●6.智慧波羅蜜 - 般若(プラジュニャー)は、物事をありのままに観察する「観」によって、思考に依らない、本源的な智慧を発現させること。
-------------------------------------------------------☆

お彼岸は日本独自の風習だと言う。
毎年、春と秋に、彼岸修行の時期がある日本の農業暦ってすごいな…

『菩薩は、六波羅蜜行の徳を蓄積して、遠い未来の生において一切智の正等覚者として無師独悟する。』「遠い未来の生」の為に、毎春秋に修行を積んでいるのだ…

時々ふと思うんだけど、こうして過去に御先祖様達が修行を積み続けてくれたお陰で、私達も少しづつ彼岸に近づいて来たのではないだろうか?
仏教やお経の訳文などを読む機会があるけれども、今の時代からすると既に常識の様になっている事がとても多く、すんなり共感でき、既に彼岸は誰もの中に内在しており、それを実際生きるか否か?が問われているに過ぎないのだと思えて来る。
d0209636_1147208.jpg

ホピの予言者によると2012年は時代の大きなサイクルが変わる年。
この大きなサイクルは5,125年周期、紀元前3113年からのサイクルだと言う。
紀元前3000年…縄文後期、ピラミッドや巨大文明の時代に今がつながりはじめてる…

「彼岸」とは予言者:覚者:ブッダのアイディアであり提言ではないのか?
次の時代へのイメージを啓示して去る。これがブッダの言う末法ではないだろうか?

「死の恐怖と闘う時代」から「生の喜びを愛する時代」へ…

必要な物は何か?地球の大晦日がやってきた♪
d0209636_11345974.jpg

[PR]
# by sooko123 | 2012-09-23 11:51
明日の新月からはじまります☆日月暦☆
明日18日の新月から 旧暦七番目の月「文月」。
節気は「立秋」から「処暑」へ。
「日月暦」のはじまりです☆
d0209636_192214.jpg

作りながら研究状態の物を売ってしまっていると言う、ちょっとどうなの?な感じですが、早く一緒に使ってみたい♪という事で、出来る限り調べて作りましたが、まだまだ至らない所多々なはず。
どうぞよろしく、一緒に調べながら進む暦☆と言う感じでお願い申し上げます♪

と、言う事で、付録を思いつきました。
今年の春の試作品です。(改=閏三月が入りました)
日と月の暦のしくみ。 時間が空間的に感じられると面白いです♪
是非印刷してみて下さい。
★PDFココ↓
http://black.ap.teacup.com/kusagakubow/854.html
d0209636_20242913.jpg

☆まんだらの説明 
    (解りにくいので 詳しくは図を印刷してから読んでね。)
d0209636_17561653.jpg

赤細線    1メモリ=1日。
赤太線    洋暦の月境。
茶色細線  洋暦の月初めから5日ごとに区切って数えやすくしてある。
緑太線    和暦の月境。
緑細線    朔弦望の日。


1 太陽の場所 

2 二四節季の方位(線)と名前と日時

3 洋暦の月 400年分の誤差を計算して作ってあるらしい。

4 和暦の月 新月から新月までを一月とする。
 (今年は三月に閏三月ありました。)

5 朔弦望の日 ⑦の…線は月が地球を廻りながら太陽を廻ってる様子。
月が地球の内側に入っている時に朔になり外側が満月。
なので、満月は夜中に、新月は昼間に、三日月は朝と夕方に見えると言う風におおよそ時間が決まってるらしい。知らなかった!

6 地球が太陽の周りを進む様子。朔望の瞬間を描いている。ほんとは月も地球も楕円軌道なのだと言う。
時計と反対に回りながら、一日1メモリ、時計と反対に進む。
        
☆ 「地球」について
●周りの数字は地球表面のおおよその時間配分
●「赤い・」は朔望の瞬間のおおよその日本の向き
●「地軸の向き」は北半球の季節を表している。

☆ 詳しい朔弦望の瞬間の時間は下の表に書きこんであります。
南中時間は月が一番高くなる時間。
月の出、入りは前後約6時間。
  ☆(約12時間空に昇って、12時間は地面の向こうに行ってる。)

☆季節名・二十四節気と雑記の説明(季節感が素敵です)
★PDFココ↓
http://black.ap.teacup.com/kusagakubow/854.html

d0209636_17565925.jpg


新月の夜空、流星も見えるといいな~☆彡
<夏の流星群を楽しみましょう>

「日月暦」できました
http://sooko123.exblog.jp/16431712/
日月まんだらと月カレンダー
http://sooko123.exblog.jp/15314796/
[PR]
# by sooko123 | 2012-08-17 17:43