ブログトップ
Sooko-vision
sooko123.exblog.jp
わが先輩、友人たちへ  … 力を借りたい …
d0209636_11453196.jpg

圧倒的にイメージの人なので、どうしても文章表現が苦手。
でも、言葉にする事は大切で、言葉とイメージが階段の様に積み重なって現実が綴られてゆく。

よくよく考えると、「政治は風潮には逆らえない。」だからこそ、マスコミを使ったりあの手この手を使って世の中の風潮を操作しようと言う動きがあったりする。 言い直せば「風潮が政治を動かしている」 と、ここまでは合ってるだろうか?
例えば、原発が未だに再稼働しようとしているのは 風潮の中に(もしくは自分自身の中に)まだモヤモヤと漠然とした部分があり、その中に 「再稼働もあるかも知れない」と言う様な気持が隠されているが為に、裏日本での再稼働を可能にしているんじゃないだろうか?
再稼働が東北で始まらないのは当たり前の様だけれど、実のところ、
「東北での再稼働はあり得ない」と言うはっきりした皆のイメージがあるからこそ、今のところ東北での再稼働が不可能になっている のは事実だと思う。

「今回原発を止めたい」と願う私の気持ちは、「危険だから」(だけ)ではない。
「3.11」は記念すべき素晴らしい学びの日であり、「福島の事故」は語り継がれる素晴らしいターニングポイントであってほしいし、それが可能だと思うからなんだ。
そうでなければ福島のガンバリはあまりにも悲しいし、せっかくの沢山の応援も空しく空虚な物になってしまう。。

いや、後半ちょっと感傷的になっちゃったけど、この大きな分かれ道で、チャンスを選ぶか、一層重苦しい循環に戻って行くのか…  そんな場面の様な気がしてならない。

ここ一連の素晴らしい天体ショーはどれも日本を中心としたアジアで見られる物であるとドイツの記事が伝えていた。

過疎化してゆく寂しい村の支援として、今となってはもうそれこそ憂鬱の塊の様になってしまった原子力発電の仕事をあてがうのか? それとも希望に満ちた自然エネルギーの開発を考えたり、過疎化しない循環のよい日本に変えて行くのか、、、「日本」と言われるこの島の文化が今改めて問い直されていて、そして文化を作るのは私達だ。

イメージすることと言葉にする事がモチベーションを変えて現実を動かすんだと思う。
もっとハッキリと、誰にでも分かる言い方で、「この、すごく面白い未来を手に入れる方法」を表現することが出来た時、きっとそれが現実になるんだと思う。

だから、このつたないビジョンをフォローして、うまく表現して行く試みを続けて行ってはくれないだろうか …。   


                           草子
[PR]
by sooko123 | 2012-06-11 11:51
<< 再稼働?? 2012・5・6 の天気の記録 >>